<< ホメオパシー摂取後1週間 久々ぷっち >>

死ぬコト

少し重い題名ですが、友人の奥さんがなくなりました。
あたしと同じ年。まだまだこれからです。
毎日沢山の誕生がある一方、死んでいく人たちもいる。
全く他人事のようで、自分にはまだまだ先のようで・・・・
だけどふと、身近な人がこの世を去ると、少し考えさせられます。
死後の世界・・・江原さんなどの本などで読むとふむふむ。

何歳で、亡くなってもこの世は瞬間の時間でしかありません。
この世の肉体がある姿とは仮のもので実はあの世の方が本当の世界なのです。
生きている現世は、魂のレベルを一段階上げる為に、生活すること、修行なのです。

死は終わりではなく、この世でよく頑張ったね、魂の故郷へお帰りなさい、ということなのです。


なんとなくわかります。読んでいれば。

だけど、身近な人が、短い命であの世に旅だった時、冷静にそう考えられるかな?
もし自分の親友だったら、恋人だったら?

そして、自分が死を宣告されたら?

残された人の気持ち。
残していくほうの気持ち。


毎日大事に生きて行かないと。

彼女のご冥福を心からお祈りします。
友人のS。
何も力にはなれないけど、とてもつらいこの試練。少しでも少しづつでも、癒されますように。
[PR]
by happyrose11 | 2006-10-24 19:51 | 日々のいろいろ
<< ホメオパシー摂取後1週間 久々ぷっち >>